【ジャックダニエル ジェントルマンジャック】レビューや飲み方を紹介

  • URLをコピーしました!

大人気なジャックダニエルシリーズには、王道のブラック(オールド№7)の上のラインナップがいくつも存在します。

なかでもブラック(オールド№7)の特徴を強く引き出した、ジェントルマンジャックというものがあります。

今回はジャックダニエル ジェントルマンジャックをご紹介します。

kyon

ジャックダニエルブラック(オールド№7)が好きな人は、絶対飲んでみて欲しい!

どんなウイスキーなの?

お値段は?

おすすめの飲み方は?

実際の感想は?

この記事を読むことで、これらの疑問にお答えします!

目次

ジャックダニエル ジェントルマンジャックの説明

基本情報

名称ジャックダニエル ジェントルマンジャック
会社ブラウンフォーマン社
分類テネシーウイスキー
原材料名グレーン、モルト
キーモルト
容量750ml
アルコール分40%
参考小売価格約¥3,000(税別)

ジャックダニエルてどんなブランド?

ジャックダニエルはアメリカのテネシー州リンチバーグにある、ジャックダニエル蒸溜所で作られています。

ジャックダニエル蒸溜所が設立されたのは1866年。

米国では政府に初めて正式に登録された蒸溜所としても有名です。

1904年の万国博覧会で、代表商品であるオールド№7が金賞を受賞し世界に広まっていきました。

ジャックダニエル製品の主な特徴は3つあります。

①ケーヴ・スプリングの洞窟の湧き水

この湧き水は年中13℃、毎分3200ℓ、不純物がなくミネラル豊富です。

ジャックダニエルの仕込み水に使用することで、個性を引き出しています。

②チャコール・メローイング製法

製法が一番の特徴です。

蒸留後にサトウカエデ(シュガーメープル)の木炭で3~5日かけて1滴ずつろ過します。

ろ過により原酒が磨かれることで、口当たりのまろやかさが生まれます。

この独特の製法によりジャックダニエルはバーボンウイスキーではなく、テネシーウイスキーと呼びます。

③マッシュビル(原料の穀物比率・レシピ)

ジャックダニエルはマッシュビルが以下の通り公開されています。

「トウモロコシ80%、大麦12%、ライ麦8%」

多くのバーボンに比べてトウモロコシ比率が高めですが、ライ麦が甘さを引き締めます。

kyon

製法やマッシュビルを知ることで、味わいの見え方も変わってきますね。

ラインナップには定番のブラック(オールド№7)、ジェントルマンジャック、シングルバレル、ハニー、ライなどがあります。

スクロールできます

どんなウイスキー?

二度も磨かれたウイスキー

内側を焦がしたアメリカンホワイトオークの樽で完全に熟成させた後に、もう一度木炭を通してろ過し、さらに雑味を取り除きました。

ジャックダニエルらしい独特のフレーバーを残しながら、他に類を見ない滑らかさとまろやかな仕上がりに定評があります。

ジェントルマン ジャックは真の紳士にふさわしいウイスキーです。

ジェントルマン ジャック | Jack Daniel’s (jackdaniels.com)

ジェントルマンジャックは1988年に発売されました。

ジャックダニエル ジェントルマンジャックは定番品ブラックより少し高く、3,000円程度。

名前のジェントルマンという名前も特徴的ですが、750mlでボトルデザインもどっしりとしていてかっこいいですよね。

大きな特徴は、ジャックダニエル特有のチャコールメローイングを蒸留後に1回、樽熟成後にもう一度行われている唯一の銘柄です。

ボトルのキャップ部分にもダブルメローと書かれています。

チャコールメローイングを2回とかなり手間がかかっていますが、ブラックよりもさらに雑味がなく滑らかになっています。

またサトウカエデの木炭を2回通しているので、メープルの風味が強く移っています。

ジェントルマン ジャック | Jack Daniel’s (jackdaniels.com)

公式テイスティングノート

香り味わい余韻
バニラ、キャラメル、アーモンドのバランスの良い香り
ほのかのフルーティーな香り
スムースでやや甘さを感じさせる豊な味わい
シルキーでソフト
デリケートなコク

ジャックダニエル ジェントルマンジャックのオススメ動画3選

個人的オススメ動画3選をご紹介します。

kyon

意外とジェントルマンジャックの動画ってあまりないんですよね。
ブラックの方が好きという人も多いかも。

実際に飲んでみた感想

ストレート

ストレートだと強烈なバニラやキャラメルの甘い香りがします。

アルコール臭も感じますが、定番品のブラックより少し弱く感じます。

口に含むと少しの甘さと樽感、アルコールのピリピリ感が出てきます。

チャコールメローイングを2回行っていることで滑らかな口当たりで、スッと入ってきます。

余韻はアルコールからくる苦みが少し残りすぐに消えていきます。

とにかく甘い香りとスムースに飲める、飲みやすいウイスキーでストレートでかなり楽しめます。

ロック

ロックにしてもバニラの香りがありますが、冷やされてか爽やかなオレンジのような香りも感じます。

アルコール臭はほぼありません。

飲んでみると甘さを感じる時間がストレートより長くなり、後半少しだけアルコールのピリつきがあります。

余韻の苦みもかなり軽減され、さらに飲みやすくなりました。

滑らかさはストレートの方がより分かりやすいと思います。

ハイボール

バニラの甘い香りがハイボールでも感じられます。

飲むと木材の感じと酸味が結構出てきました。

アルコール感は割っている分感じなくなるので、ストレート、ロックで飲めない方はハイボールがオススメです。

癖がなく飲みやすいハイボールですが、個人的にはこれならブラックのハイボールの方が好みです。

オススメの飲み方

アルコールのピリ付きはあるけど、絶対ストレート!

きつい人はロックがおすすめ。

甘いメープル・バニラの香りと、ダブルメローを存分に味わえるのはストレート一択です。

kyon

定番品のブラックよりはストレートで飲みやすいはずです。
ぜひ最初はストレートで!

ネット上の口コミ

Amazon商品レビュー抜粋

  • アメリカンウィスキーにしては癖のないスッキリ味。トゥワイスアップで甘さが光る。
  • フルーティさや華やかさはあまり感じられず、全体的にウッディ
  • 普通のジャックダニエルより、もっとマイルド
  • 雑味も無くまろやかな口当たりでありながら、ジャックらしさもしっかり感じられる逸品
  • 飾ってよし、飲んでよし、ボトルを持った感じが重厚で、蓋も大きくしっかり回せる
  • ロックはかなりいい
  • とにかく香り豊か
  • 12年物のスコッチと比べても美味しい
  • キャラメルのような香りと後味にくるコーンの甘さが最高
  • 味は完熟のバナナとキャラメルが最初から最後まで支配している

まとめ

今回はジャックダニエル ジェントルマンジャックをご紹介しました。

ジャックダニエルをストレートで美味しくないと感じた人は、ぜひジェントルマンジャックをお試しください。

かなり印象が変わるはずです。

公式では簡単なレシピで、ジンジャエールで割るジェントルマンジンジャーが紹介されていました。

ジャックコーク以外にも、ちょっと贅沢なジェントルマンジャック、試してみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次