【ジャックダニエル ブラック(オールド№7)】レビューや飲み方を紹介

  • URLをコピーしました!

ジャケットがかっこよくて、ダンディな大人が飲んでるイメージのあるジャックダニエル。

今回はジャックダニエル ブラック(オールド№7)をご紹介します。

kyon

黒背景のジャックダニエルの文字は誰もが見たことあるはず。

どんなウイスキーなの?

お値段は?

おすすめの飲み方は?

実際の感想は?

この記事を読むことで、これらの疑問にお答えします!

目次

ジャックダニエル ブラック(オールド№7)の説明

基本情報

名称ジャックダニエル ブラック(オールドNo.7)
会社ブラウンフォーマン社
分類テネシーウイスキー
原材料名グレーン、モルト
キーモルト
容量700ml
アルコール分40%
参考小売価格約¥2,000(税別)

ジャックダニエルてどんなブランド?

ジャックダニエルはアメリカのテネシー州リンチバーグにある、ジャックダニエル蒸溜所で作られています。

ジャックダニエル蒸溜所が設立されたのは1866年。

米国では政府に初めて正式に登録された蒸溜所としても有名です。

1904年の万国博覧会で、代表商品であるオールド№7が金賞を受賞し世界に広まっていきました。

ジャックダニエル製品の主な特徴は3つあります。

①ケーヴ・スプリングの洞窟の湧き水

この湧き水は年中13℃、毎分3200ℓ、不純物がなくミネラル豊富です。

ジャックダニエルの仕込み水に使用することで、個性を引き出しています。

②チャコール・メローイング製法

製法が一番の特徴です。

蒸留後にサトウカエデ(シュガーメープル)の木炭で3~5日かけて1滴ずつろ過します。

ろ過により原酒が磨かれることで、口当たりのまろやかさが生まれます。

この独特の製法によりジャックダニエルはバーボンウイスキーではなく、テネシーウイスキーと呼びます。

③マッシュビル(原料の穀物比率・レシピ)

ジャックダニエルはマッシュビルが以下の通り公開されています。

「トウモロコシ80%、大麦12%、ライ麦8%」

多くのバーボンに比べてトウモロコシ比率が高めですが、ライ麦が甘さを引き締めます。

kyon

製法やマッシュビルを知ることで、味わいの見え方も変わってきますね。

ラインナップには定番のブラック(オールド№7)、ジェントルマンジャック、シングルバレル、ハニー、ライなどがあります。

スクロールできます

どんなウイスキー?

チャコール・メローイングで磨かれた、テネシーウイスキーの代名詞。
10フィート(約3メートル)の高さに積み上げたサトウカエデの木炭を通し、一滴ずつろ過することでなめらかな口あたりを実現。

その後、自社製の樽で熟成させます。

我々は樽の熟成度を年数で区切るのではなく、一樽ずつテイスティングをして確かめています。

創業者であるジャック・ダニエル氏が行なっていたやり方を今も続けているのです。

ジャックダニエル ブラック(オールドNo.7) | Jack Daniel’s (jackdaniels.com)

ジャックダニエル ブラック(オールド№7)は、ウイスキーの定番銘柄と言われるくらい世界で有名なウイスキーです。

№7の由来は7番目のレシピだった、創業者に7人愛人がいたなどの説がありますが、公式も不明としてます。

チャコールメローイングのまろやかさ、ホワイトオーク樽の内側を焦がして木材天然糖のカラメル成分からバランスの取れた甘さが特徴です。

ロックミュージシャンが飲むことで有名で、レミー・キルスター、ジミー・ペイジ、マイケル・アンソニーが愛飲していました。

ジャックダニエルには50ml、200ml、350ml、700ml、1000ml、1750ml、3000mlと豊富なラインナップがあります。

このジャックダニエルは40%以上がジャックコーク(ジャックダニエルのコーラ割り)で飲まれています。

最近はジャックダニエルとコカ・コーラがコラボしたジャックコーク缶が発売されています。

ジャックダニエル ブラック(オールドNo.7) | Jack Daniel’s (jackdaniels.com)

公式テイスティングノート

香り味わい余韻
バニラ、キャラメル、アーモンドのバランスの良い香りまろやかでバランスの取れた味わいスムースでドライな後味

ジャックダニエル ブラック(オールド№7)のオススメ動画3選

個人的オススメ動画3選をご紹介します。

kyon

CMの「他人を気にする自分か。自分が気に入る自分か。」ってフレーズ、好き。

実際に飲んでみた感想

ストレート

まず色がかなり濃く、カラメルのような色をしています。

香りはまずまずアルコール臭はありますが、かなり甘いです。丸ごとバナナの香り。

飲むとアルコール臭はありますが、波がなくまろやかに感じます。

香りほどの甘さは意外と感じません。

余韻は樽感とアルコールのピリつきが残ります。

アルコール40%と普通(なんなら低め)ですが、しつこく付きまとう感じ。

香りを楽しむ分にはいいかもしれません。

ロック

香りは冷やしてもバニラの香りが強く残っています。

あとはフローラルさ、少しのアルコール臭があります。

口に含んだ瞬間甘さが来てすぐ居なくなり、樽の苦みがゆっくりでてきます。

後味は少しのアルコール感がありますが、かなりすっきりしていて飲みやすいです。

ハイボール

ジャックソーダと言われる有名な飲み方。

ほのかに香るバニラの感じ。甘さも少しありますが大分弱くなりました。

飲むとかなり爽快で、渋さや苦さはありません。

万人受けする飲み方でうまいですね。

オススメの飲み方

ロックが甘い香りとさっぱりした飲み口で一番おすすめです。

最初アルコール感があっても、氷が解けるにつれてちょうどよくなっていきます。

ストレートの香りは一度嗅いでいただきたいですが、飲むのは自分はあまりでした。

kyon

ロックが一番おすすめですが、ジャックソーダも爽やかで人気の理由が分かりました。

ネット上の口コミ

Amazon商品レビュー抜粋

  • ストレートでグイッとやるのが一番旨い
  • なんでもいけるがハイボールが最高
  • セールだとネットの方がお得に買えていい
  • 毎日飲んでも飽きない味
  • 苦味の中に甘味がしっかりあり飲みやすい
  • 飲み終わった後もインテリアやdiyに使える
  • 文句のつけようが無い
  • ロックでも飲みやすいウイスキー
  • 味はまろやかで味わい深い
  • 芳醇な香りとマイルドな舌触り

まとめ

今回はジャックダニエル ブラック(オールド№7)をご紹介しました。

ジャックコークがかなり有名ですが、ジャックソーダもロックも美味しいウイスキーでした。

香りがかなり甘く特徴的なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次